白金台内観研修所の特徴

内観創始者・吉本伊信先生の直系

吉本先生ご夫妻と修業時代の所長

当研修所所長の本山陽一は、吉本伊信先生に1981年より指導を受けました。
特に1985年から先生の亡くなる前年の1987年までの2年間は、自らの研修所を休み、吉本先生ご夫妻のもとで助手として寝食を共にし、師の教えや生き様に直接触れ、内観の真髄を身体で吸収する幸せな体験をしました。
師に指導を受けた内観体験だけでなく、ご夫妻とのさまざまな問答や面接現場を通して、師の言葉の奥にある、言葉にならない多くの教えを吸収できる機会を得ました。
吉本先生ご夫妻も「その教え・内観の本質を後世の人たちにできるだけ正確に伝えるように」と内観の教えだけでなく、あらゆる方面に関して、私の質問に丁寧に答えて下さいました。
その時の経験が、現在も白金台内観研修所運営の基礎になっております。

このページの先頭へ
 

豊富な実績と連携

吉本伊信先生の勧めもあり、1984年、所長32歳の時に、埼玉県の山間にある過疎地域・名栗村(現・飯能市)に名栗の里内観研修所を開設しました。
名栗村で15年過ごした後、1999年に現在の白金台内観研修所の開設に伴い移転しました。
開設以来30年が過ぎ、その間訪れた内観者の方は、6,000名を超えています。
白金台内観研修所では、面接はほとんど所長一人で行いますので、この実績をもとに訪れる方の要望に対応しています。

また、所長は、現在、「日本内観学会 副理事長」「自己発見の会 常任理事・事務局長」「日本内観研修所協会 会長」等の役職をこなし、他の研修所や医療、心理をはじめとする他の分野との連携を深め、独りよがりにならないよう研鑽をしております。

このページの先頭へ
 

全員個室での個別指導

当研修所では、恵まれた施設を生かして全員が個室の内観研修を実施しております。
これは、2006年東京の青山学院大学で開催された第29回日本内観学会大会で、所長が発表した「迷惑をかけたことへの実践的アプローチ」と題する論文の考えをもとに実施されたものです。
この論文は、近年、日本人の精神状態の格差が広がり、従来の指導方法だけでは対応できない症例も生じてきており、その人の精神状態に応じて柔軟に内観指導をする必要性とその方法を発表したものです。
発表に対する反響は大きく、全国から資料が欲しいとの要望がありました。
この論文にある柔軟な対応をするためには、個室が理想的なのです。

個室内観の利点は、以下のとおりです。

  • 来られた人の精神状態に応じて柔軟に対応できます。真剣になさりたい方は真剣に、ゆっくりとなさりたい方はゆっくりと、一人ひとりに合わせて指導できることです
  • プライバシーの保護が完全に守られます。
  • 精神的にデリケートな人は、他人が気になるようです。個室だと他の人に気を遣わないで済みます。
    (ただし、年末年始、ゴールデンウイーク、お盆の週等のハイシーズンは混み合いますので相部屋になることがありますので、ご注意下さい)

1Fのロビー

研修室

お風呂

廊下

このページの先頭へ
 

恵まれた施設とアクセス

当研修所は内観創始者である吉本伊信先生のご遺族の、東京に内観の拠点を作りたい、という願いによって1999年8月に開設された研修所です。
都心にありながら本当に静かな環境で、地方から訪れる人々が「うちの田舎より静かだ」と驚かれるほどです。

三階建ての建物に、内観研修室、内観資料室、閲覧室、宿泊施設、会議室、100人程度の講演会や研修会が開けるホール等の施設を備えた内観研修所で、自己発見の会の事務局としても利用されています。
内観研修室は、1階が男性専用で2階が女性専用になっており、各階に研修室と風呂、トイレがあり、研修中には男女が顔を合わせないようになっています。
部屋は和室8畳と縁側と入り口の部分があります。設備も各部屋に冷暖房、床暖房、ロッカー、貴重品入れ等を備え、照明もお好みで集中しやすい明るさにコントロールできるよう工夫されております。

アクセスも非常に便利で、地下鉄南北線「白金台駅」から徒歩2分ほどのところにあり、東京駅から約30分、羽田空港から約50分で来られます。そのためか北は北海道、南は沖縄からも内観に来ていただいております。

特別の理由のない限り、年中無休で営業しておりますのでいつでもお電話ください。尚、夜は9時頃までにお電話いただけると幸いです。→交通案内へ

このページの先頭へ